So-net無料ブログ作成

「王女の男」の第1話で見られた、あのドラマのあの場所・こんな場所

  ドラマ「王女の男」は、精力的な撮影がなされて、移動も半端ではなかったようなことを耳にしています。
それを象徴するかのような第1話でした、とにかくあっちの撮影所、今度はこっちのテーマパーク、そしてあの観光地と、たったの1時間にも満たない初回放送分だけでも、各地を転々としたシーンのオンパレードです。
  そんな中、過去のドラマで登場した場所もいくつか目に付きました、今回はまったく別の使われ方をしている場所や、カメラアングルが変われば、同じ場所なのに気付かないようなものもあります。
自分が気付いたそんな過去のドラマのあの場所この場所を、少しばかり紹介していきたいと思います。


  まず最初は、キム・スンユが妓楼で寝過ごして慌てて飛び出していくシーンがありました。
あの〝妓楼〟として使われていた場所に見覚えはありませんでしたか?
場所は「聞慶KBS撮影所」、そして過去のドラマでは何度も目にしていたお屋敷でした。
  「済衆院」のソンナンの家、通訳官様のお屋敷だった場所です。
自分もじっくり見てきたあのお屋敷のセットが、なんとまあ今度は〝妓楼〟です、提灯をぶら下げて置物をちょっと変えれば、同じ場所が全然違って見えるどころか、お屋敷が妓楼に変身してしまうんですよねぇ。

SANY0002.JPGSANY0004.JPG
SANY0001.JPG

無題.jpg無題2.jpg


  お次のこちらは変身はしてません、ただ、ほんの一部しか映してもらえなかったよー!っていう場所です。
同じ「聞慶KBS撮影所」のシンボル的な存在の「光化門」です。
王女が宮廷を抜け出す時のシーンですね、「推奴」や「成均館スキャンダル」で目にした「光化門」のほんの一部分でした[わーい(嬉しい顔)]

SANY0005.JPGSANY0006.JPG

     E784A1E9A18C-2ea72.jpg


  以前のドラマでは〝学びの場所〟だったのが〝武道〟の場所へと姿を変えていたのがこちらです。
「済衆院」ではドヤンが学ぶ「成均館」だった場所が、今回では正反対の武術の場になっていたのが、多くのドラマの撮影地となっている栄州市にある「ソンビ村」に、隣接した位置関係で存在する「士文化修錬院」です。
キム・スンユの友人のシン・ミョンが華麗な武術の技を披露していた場所になっていました。

SANY0007.JPGSANY0009.JPG

E794BBE5838F20023-b593e.jpgE794BBE5838F20022-7faed.jpg

修錬院.jpg


  次の場所は、画面では分からないけれど、そこへ行った人には分かるというシーンです。
場所は「南楊州総合撮影所」、「トンイ」で紙気球が飛び、「ファン・ジニ」が綱渡りをしていたシーンが撮られた撮影所ですが、、今回の場所はその〝綱渡り〟の方に関係しています。
ドラマ「ファン・ジニ」で綱渡りをしていた場所のすぐ脇はこんな風景になっています。

画像 036.jpg

そこで、このシーンなんですが、つまりこの場所は、あの「ファン・ジニ」が綱渡りをしていたシーンが撮られたのと同じ場所なんです。

SANY0013.JPG
     untitled-45687.jpg

友人のチョン・ジョンが借金取りに捕まっているのを救ったシーンだったのですが、しかし、その前にチョン・ジョンが追われて王女の輿に飛び込んだのはまた違う場所なんです、そちらは「一枝梅に」関係してますが、後ほど別の話題で書くことになりそうです[手(チョキ)]
このキム・スンユたちと出会った方のシーンだけが、「南楊州総合撮影所」が使われていたということなんです。

SANY0011.JPG画像 035.jpg


  最後に控えしは、懐かしいドラマの懐かしいあのシーンの場所です。
今回の「王女の男」では、国王が娘の王女の勉強ぶりを抜き打ちで見に来たというシーンでのこの場所。

SANY0017.JPG

撮影所のセットではありません、この場所は水原にある「華城行宮」です、そして、この場所で過去に撮られたシーンがこちらになります。
      チャングム.jpg
h華城行宮 (13).jpg

「チャングムの誓い」で、医女試験の合格発表が貼り出され、合格に喜んでいたというシーンが撮影された場所というわけです。

  自分が見つけただけでも過去のドラマとの共通の場所がこんなに! それよりも何よりも、撮影所から観光地まで、以前にも紹介している「江陵」の伝統家屋や「扶安映像テーマパーク」なども含まれますから、たったの1話だけでこんなに多種多様の場所が撮影に使われていたということの方が驚きです。


共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。