So-net無料ブログ作成

広告回避のための 韓国画像のページ ⑧《特別編》 もう一度生きたい場所をあえて選ぶならやっぱり「高敞(コチャン)」

  今回もスライド動画での紹介です。
観光地や韓国史劇撮影地として魅力ある都市はやっぱり「聞慶(ムンギョン)」が挙げられます。
そしていろんな旅の要素がいっぱいとなれば「順天(スンチョン)」を挙げたいのですが、ちょっと洗練された地方都市すぎます。
ですから、いろんな魅力に溢れる田舎町を選ぶとすれば、なんといっても「高敞(コチャン)」です。

  きれいに整備された観光地っぽくない町なのに、そこには史劇の撮影地やら旧跡やら自然やら、しかもユネスコ文化遺産だって存在するという、本当に欲張りな旅行ができる地方の町のひとつです。
行ってよかった場所、もう一度行きたい場所を訊ねられたら、ソウルからのアクセスも比較的に楽なのに、とっても地方・田舎の風情に出会えるこの「高敞(コチャン)」を挙げると思います。

  そしてその中でも印象的なのは、古い、言い方は悪いですがボロ家の裏庭に存在する「世界遺産」です。
世界遺産が裏庭にある生活なんて想像もできませんが、嬉しいことなのか、大変なことなのか?

cドルメンミュージアム 20.jpg



共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。