So-net無料ブログ作成

「善徳女王」の父「真平王」も美室(ミシル)の愛人???  【当ブログの最終回】

  ドラマ「善徳女王」の元となったのが『花郎世記』という記録だというのですが、この記録は、元々は日本の宮内庁書陵部に秘蔵されていたのを、朴昌和と言う人物が密かに書き写していたとされる筆写本が、1989年に見つかったものなんだそうです。
ところが偽物だと主張したりする人も多いらしく、その真偽は定かでないらしい。
だったら日本の宮内庁にあるのか? あったら確認すれば済むことなのに…と思うのだが、その辺はどうなってんの(?)っておいらのような凡人は思ったりする。

  それはともかくとして、「三国史記」や「三国遺事」、そしてこの「花郎世記」
前のページで書いているように、真平(チンピョン)王の三女とされる善花姫は「三国遺事」にしか登場してこない人物なのだが、それとは逆に「花郎世記」にしか登場しない人物がいる。
それがドラマ「善徳女王」の人気者「美室(ミシル)」だ。

img_382098_62939539_0.jpg

  「花郎世記」によれば、あのドラマ「善徳女王」に描かれているように魔性の女性で、花郎を掌握していた権力者となっている、そんな歴史を左右する人物が、他の歴史書には登場してこないというのは、善花姫以上にミステリアスな話しだと言える。
  自分のような凡人が、歴史家の間でも論争になっているものに割り込むような知識はないので、そんなことは置いといて、「花郎世記」に描かれているミシルがとっても興味深い、とは言っても歴史的な高尚な興味ではなく、凡人は凡人らしく(?)スキャンダラスな面がとっても面白い。

  ドラマで描かれていたように、才知と美貌の持ち主だという女性ミシル、生まれは540年代だと推測されている、これは弟のミセンが550年生まれとなっていることから推測されているらしい。
そして没年もよくわかっていないらしく、こちらも推測するよりなく、「花郎世記」に最後に登場している612年以降の数年らしいということだ。

  このミシルのほぼ7~80年の生涯での男性遍歴が凄い!(笑)
おいらにはこっちの方が凄く興味がある。
若かりし頃から熟女になるまでの間に記録されている相手が7人、その内訳は夫が一人に愛人が六人となっている。
  まず夫は「世宗公(セジョンゴン)」という人物で、六代目の風月主(プンウォルジュ)、早い話が花郎のリーダーです、ドラマを見ていた人はよくご存知と思います。

  そして愛人として名を連ねるのが、お馴染みの「斯多含公(サダハムゴン)、こちらは五代目の風月主です。
  次が、薛原郞(ソルファラン)、この人は七代目の風月主です。
ここまでは花郎の風月ですから、花郎のリーダーの五代目から七代目までを掌握してたってことで、ドラマの花郎を我が物にしていたってことが納得できますよねぇ。

   これからがもっと凄いんです。
 24代国王の「真興(チヌン)王」、ドラマのイ・スンジェお爺ちゃんですね。
 それから、「铜轮=銅輪太子(ドンリュンテジャ)」、この人は真興王の息子であり、真平王の父親なんだそうです。
 お次が、25代国王の「眞智(チンジ)王」、これがドラマでイム・ホが演じていたミシルに廃位された王様です。
 そしてなんと、ドラマではマヤ王妃ひとすじだった「眞平(チンピョン)王」、善徳女王の父親ですよ、この人もミシルさんと情を通じた仲だったんです、と、「花郎世記」ではなっとりますようで[わーい(嬉しい顔)]

   花郎のリーダーが三人、そして24代から26代の国王の皆様が、このミシルさんの魔性に呑み込まれたっていうか、毒牙にかかっていたというか、魅力の虜になっていたらしいってことで、これが本当ならドラマのように、新羅がミシルの手中にあったって不思議ではないですよねえ[ふらふら]と言うよか、そんなにも男を虜にする女性に一度お目にかかってみたいものだ[ハートたち(複数ハート)]


  話は少し変わりますが、ミシルの存在が書かれていた最後が612年で、善徳女王が即位したのが632年ですから、善徳女王にミシルが反乱を起こすなんてことはちょっとばかり考えられないわけです。
  実は、ドラマの中でミシルが起こしたとなっていた反乱は、父王である「眞平王」の時代の631年のこと(年代的にはドラマに合致してます)。
その反乱を起こしたのが、ドラマの中で、〝ミシルが命〟という感じで動いていたこの二人、
      IE001133457_STD.jpg1246152157499_2.jpg

「柒宿(チルスク)」と「石品(ソクプム)」だったらしいですよ、でもこの反乱は失敗に終わって、チルスクはすぐに処刑され、ソクプムは一旦は百済に逃げ延びたものの、妻子を迎えにきこりに変装して新羅に戻ったところを捕まってしまい、やはり処刑されたんだそうです。
ドラマのように壮絶な最期の死闘は実際にはなかったようです。

  それにしても、「花郎世記」に描かれたミシルと、実際に歴史に残る反乱なんかをうまく繋げて、しかも後のピダムの乱の主役もミシルの息子に仕立てたり、本当にうまくドラマにしていたものです、感心してしまいます。


  ということで、この「自由気ままな韓国一人旅」というタイトルのブログは終了させていただくことにしました。
ただ、ファイルの容量の制限が近いということと、最近はドラマの話題の方が中心になってきてますから、タイトルなどを一新させて、韓国の話題+αでの出直しを考えています。

  この「自由気ままな韓国一人旅」を読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。
しばらく休んで新しいタイトルのブログでまたお会いしましょう![手(パー)]

共通テーマ:旅行

謎が多すぎて面白い! 「善徳女王」「天明王女」「善花姫」の三姉妹(?)

  月曜日の夕方の「善徳女王」はもうすぐ最終回を迎えます、そしてまた再び、毎 月~木曜の夕方に「薯童謠(ソドンヨ)」が始まったばかり。

  大昔に書きましたが、この「薯童謠(ソドンヨ)」の善花(ソンファ)姫は、善徳女王の末の妹と一部の記録ではされている人物です。
でもこの三姉妹の記録は実に様々で、実に面白い、その記録がある書物ごとで、こんなにも記録が異なる姉妹の存在は実に不思議だ。

  まず、父王の真平王の後をついだ「善徳女王」については、" 三国史記 "では真平王の長女として名前が記されているものの、" 花郎世記 "という記録では次女となっている。
ドラマ「善徳女王」は、全てがどうやらこの" 花郎世記 "をベースに、ドラマの脚本が書かれ展開していたようだ。
  そして、ドラマ「善徳女王」では双子の姉とされていた「天明王女」は、その真逆の記述がなされている。
" 三国史記 "では次女、" 花郎世記 "では長女となっている。

     無題.jpg

  まあこの辺はどうってことはない、大昔の歴史ではよくあること、ましてや女性では細かな記載も無くこんがらがって伝わることもよくあることだから。

  ただ、この二人については、天明王女は息子の「金春秋(キム・チュンチュ)を産んだ後に亡くなっているだろうことは推察できるようだ。
王位を善徳女王が継いだことや、その善徳女王の亡き後には、従姉妹の「真徳女王」が継いでいることから、そう考えられても不思議ではない気がする。
天明王女が生きていれば、カリスマ性を持った善徳女王の後継者には、その姉妹である天明王女が真っ先に候補に挙がってもおかしくはないのだから。

     2.jpg

  そんなわけで、上の二人の姉妹は多少生まれの順があやふやになっているとはいえ、片や王位を継承し、片や後に国王となる金春秋の生母ということで、実際に存在していた姉妹なんだろうってことは、こんな素人でも推察ができる。

  分からないのが、三女の「善花姫」だ。
この三女の存在は、高麗の時代に書かれた" 三国遺事 "にだけ登場してくる。
この" 三国遺事 "は、上の善徳女王と天明王女については、真平王の娘と記されているだけで、長女だの次女だのという記述は無いのに、なぜかこの善花姫についてだけは、〝真平王の三番目の娘〟と記されているらしい。
  これからして不思議だ、「三国史記」と「三国遺事」は同じ高麗時代に書かれたものなのに、片方では存在する人物が、片方では存在していないということになり、しかも一方にははっきりと〝真平王の三番目の娘〟と書かれているのが、どうも怪しい(?)
ましてや一番古い記録書である「花郎世記」には影も形もない、この記録自体が本物・偽者の議論の的になっているものなので、真偽は定かでないとは言え、仮にも〝花郎〟と名の付く記録で王女様を記録から抹殺していることになる。
敵国の百済に嫁いだからと考えれば考えられなくもないが、やっぱり伝説上の架空の人物という気がしてならない。
ドラマ「善徳女王」はこの「花郎世記」をベースにしているのだから、当然三女の善花姫の存在が無かったわけです。

     3.jpg

  だけどですよ、もしこの「善花姫」が架空の人物となったら、現在放送中の「階伯(ケベク)」の義慈(ウィジャ)こと、後の義慈王はどこから湧いてきた(?)ってことになってしまう。

     2011082301373868963_2.jpg

  ところで、こうした歴史書の中で、もう一人なんやら出生やらが伝説に彩られてよく分からない人物がいるんですよ。
それが、義慈(ウィジャ)の父親である「武王」です。
法王の息子であったり、寡婦が産み落とした子であったり、龍の化身が産ませた子であったり様々(?)

  早い話が義慈王の両親ともが、伝説に色塗りされた、とってもわけが分からない人物なんですよねぇ。
つまり、あの有名な「薯童謠(ソドンヨ)」の主の二人ともが、歴史的な伝説の中で脚色されている人物だってことです。

   1988232117_FpdsYnrj_515-7.jpg

  そこでおいらの結論、この「薯童謠(ソドンヨ)」を中心にした義慈王の両親の伝説は、義慈王が作り出したものではなかろうか(?)って思うわけです。
正当な国王の後継者でなかった父親と、どこやらのわけの分からない女性との間で生まれたのが「義慈王」で、それを覆い隠すためにいろんな伝説を作り出した。
そう考えると、自分の母親にカリスマ性や悲劇性を持たせるために、新羅の王女で、父王と国境を越えた激しい恋に落ち、敵国である百済に嫁いで寂しさと苦労の中で「義慈王」を産んだ。
そうなりゃ血筋も敵国とはいえ王族の血統です、しかも激しい両親の愛の結晶として自分が存在しているわけですから… そしてそして、敵国の新羅の血を引きながらも、新羅と敵国として戦わなくてはならない…となったら、カリスマ性も民衆の同情心を得るにも充分じゃないですか(?) どうですかぁ???? おいらの想像は[わーい(嬉しい顔)]

  ちなみに、2009年に発見された 「彌勒寺址石塔」には、武王の妃は「沙宅(サテク)妃」の名前しか出てきてないそうです。

  ところで、ドラマ「階伯」の中で、ケベクに思いを寄せている「恩古(ウンゴ)」が義慈王の妃になってますが、ドラマの上ではどんないきさつでそうなるんでしょうね(?)、ちょっとこれからが楽しみです。

   _4_1_1~1.JPG

共通テーマ:旅行

「王女の男」の第1話で見られた、あのドラマのあの場所・こんな場所

  ドラマ「王女の男」は、精力的な撮影がなされて、移動も半端ではなかったようなことを耳にしています。
それを象徴するかのような第1話でした、とにかくあっちの撮影所、今度はこっちのテーマパーク、そしてあの観光地と、たったの1時間にも満たない初回放送分だけでも、各地を転々としたシーンのオンパレードです。
  そんな中、過去のドラマで登場した場所もいくつか目に付きました、今回はまったく別の使われ方をしている場所や、カメラアングルが変われば、同じ場所なのに気付かないようなものもあります。
自分が気付いたそんな過去のドラマのあの場所この場所を、少しばかり紹介していきたいと思います。


  まず最初は、キム・スンユが妓楼で寝過ごして慌てて飛び出していくシーンがありました。
あの〝妓楼〟として使われていた場所に見覚えはありませんでしたか?
場所は「聞慶KBS撮影所」、そして過去のドラマでは何度も目にしていたお屋敷でした。
  「済衆院」のソンナンの家、通訳官様のお屋敷だった場所です。
自分もじっくり見てきたあのお屋敷のセットが、なんとまあ今度は〝妓楼〟です、提灯をぶら下げて置物をちょっと変えれば、同じ場所が全然違って見えるどころか、お屋敷が妓楼に変身してしまうんですよねぇ。

SANY0002.JPGSANY0004.JPG
SANY0001.JPG

無題.jpg無題2.jpg


  お次のこちらは変身はしてません、ただ、ほんの一部しか映してもらえなかったよー!っていう場所です。
同じ「聞慶KBS撮影所」のシンボル的な存在の「光化門」です。
王女が宮廷を抜け出す時のシーンですね、「推奴」や「成均館スキャンダル」で目にした「光化門」のほんの一部分でした[わーい(嬉しい顔)]

SANY0005.JPGSANY0006.JPG

     E784A1E9A18C-2ea72.jpg


  以前のドラマでは〝学びの場所〟だったのが〝武道〟の場所へと姿を変えていたのがこちらです。
「済衆院」ではドヤンが学ぶ「成均館」だった場所が、今回では正反対の武術の場になっていたのが、多くのドラマの撮影地となっている栄州市にある「ソンビ村」に、隣接した位置関係で存在する「士文化修錬院」です。
キム・スンユの友人のシン・ミョンが華麗な武術の技を披露していた場所になっていました。

SANY0007.JPGSANY0009.JPG

E794BBE5838F20023-b593e.jpgE794BBE5838F20022-7faed.jpg

修錬院.jpg


  次の場所は、画面では分からないけれど、そこへ行った人には分かるというシーンです。
場所は「南楊州総合撮影所」、「トンイ」で紙気球が飛び、「ファン・ジニ」が綱渡りをしていたシーンが撮られた撮影所ですが、、今回の場所はその〝綱渡り〟の方に関係しています。
ドラマ「ファン・ジニ」で綱渡りをしていた場所のすぐ脇はこんな風景になっています。

画像 036.jpg

そこで、このシーンなんですが、つまりこの場所は、あの「ファン・ジニ」が綱渡りをしていたシーンが撮られたのと同じ場所なんです。

SANY0013.JPG
     untitled-45687.jpg

友人のチョン・ジョンが借金取りに捕まっているのを救ったシーンだったのですが、しかし、その前にチョン・ジョンが追われて王女の輿に飛び込んだのはまた違う場所なんです、そちらは「一枝梅に」関係してますが、後ほど別の話題で書くことになりそうです[手(チョキ)]
このキム・スンユたちと出会った方のシーンだけが、「南楊州総合撮影所」が使われていたということなんです。

SANY0011.JPG画像 035.jpg


  最後に控えしは、懐かしいドラマの懐かしいあのシーンの場所です。
今回の「王女の男」では、国王が娘の王女の勉強ぶりを抜き打ちで見に来たというシーンでのこの場所。

SANY0017.JPG

撮影所のセットではありません、この場所は水原にある「華城行宮」です、そして、この場所で過去に撮られたシーンがこちらになります。
      チャングム.jpg
h華城行宮 (13).jpg

「チャングムの誓い」で、医女試験の合格発表が貼り出され、合格に喜んでいたというシーンが撮影された場所というわけです。

  自分が見つけただけでも過去のドラマとの共通の場所がこんなに! それよりも何よりも、撮影所から観光地まで、以前にも紹介している「江陵」の伝統家屋や「扶安映像テーマパーク」なども含まれますから、たったの1話だけでこんなに多種多様の場所が撮影に使われていたということの方が驚きです。


共通テーマ:旅行

『王女の男』の第1話で、美しい景観を見せていた「広寒楼苑」

  昨日の記事、前のページでは「七夕伝説」由来の石橋のことを書かせてもらいました。
そしてその石橋が存在する美しい庭園や大きな楼閣の姿も、やはり韓国を代表する伝統的な美のひとつと言えるでしょう。
それが全羅北道 南原(ナムウォン)市にある「広寒楼苑(クァンハルルウォン)」です。
今年は韓国の観光PRでは「全羅北道 訪問の年」となっていますが、その全羅北道を代表する観光地が、「全州」の韓屋とここ「広寒楼苑(クァンハルルウォン)」で、ひとつだけの観光地とすれば、全羅北道で最も多くの観光客が訪れる名所となっているんだそうです。

「王女の男」TV画面より
SANY0013.JPG
    107_0452a.jpg

  この庭園は、当初、「広通楼」という名前で、1419年朝鮮時代初期の宰相である「黃喜」という人物によって造られたものらしいのですが、1444年に「鄭麟趾(チョン・インジ)」という人物がここを見て、あまりのその美しさに、まるで月の世界にある宮殿「広寒清虚府」のようだ、と言ったことからここを「広寒楼」と呼ぶようになったんだそうです、…とあちこちに書いてあります(笑)

  韓国では宮廷以外の場所での大庭園はなかなか存在していない中、この庭園は宮廷にも劣らない規模を誇っているという、韓国を代表する大庭園なのですが、植えられた樹木が、宮廷のような人工的な感じではなく、自然の中の樹木のような風情や景観を見せているため、その美しさはひときわのようです。
  この「広寒楼苑」は昨日も少し書きましたが、天空、つまり天体である大宇宙を表現しているのだそうです。
ドラマ「王女の男」の中で、世子が弓を射っていた場所が、ここを代表する建造物である「広寒楼(クァンハルル) 」です。
そしてその楼閣を中心にして、東西100メートル、南北59メートルという長方形の人口池が築かれ、その池の中に「永住(漢拏山)」、「蓬莱(金剛山)」、「方丈(智異山)」という三神山に見立てた島が築かれた形になっています。
つまり、大宇宙の中に、日本で言えば三霊山が存在するという形です。  
  世子が射た矢の的が置かれていたのが、ちょうど「蓬莱(金剛山)」と「方丈(智異山)」という二つの島を結ぶ橋になっています。

SANY0015.JPG1115215240_01_P1010794.jpg
SANY0014.JPG無題.jpg

  そして、この池の中には3,000匹という、在来の鯉や錦鯉が放されているんだそうです。
かなり以前にどこやらで話題になってましたが、〝人面魚〟の鯉も10匹存在しているんだそうですよ。

ところで、ここ、以前は「屋根裏部屋の皇太子」というドラマが撮影されたというロケ地でもあるそうなのですが、あいにく自分はそのドラマを知りません。
見たことのある方にとっては、「あー、あの場面だ」と思い当たる風景かもしれません。

  韓国を代表する伝統庭園である「広寒楼苑(クァンハルルウォン)」、ドラマを見ていたらついつい行きたくなってきてしまいますが、ここへのアクセスとなる「南原(ナムウォン)駅」はKTXも停車しますし、全州からのバスでのアクセスもいいかもしれません。
夜のライトアップされた風景もすばらしいようですので、夏の旅行にはちょうどいい観光名所になりそうです。
自分ももっと早くここを知っていたら、昨年の旅行で全州から行きたかったなと、ちょっとばかり残念な思いをしています。

a0115714_49c0914f5eedf.jpg
   韓国観光公社案内
     http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TE/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=282137
   南原市の観光サイト
     http://jp.namwon.go.kr/jp/index.jsp





共通テーマ:旅行

『王女の男』に登場した宮廷庭園の石橋は、「七夕伝説」にまつわる〝愛の橋〟

  いよいよ始まりました「王女の男」、比較的時代劇の場合は韓国で人気があったものは、日本でもかなり期待できるので今後の展開が楽しみです。
24話完結なので、テンポよくイライラなしのドラマ展開がされそうってところが、自分みたいな短気な野郎にはもってこいのドラマかもしれません(笑)
だけど、どうもNHKさんの吹き替えには辟易ですねえ、特にあの世子の声ったらまるっきりアニメの少年だっせ、とにかく吹き替えが全体的な雰囲気をぶち壊してる気がしてならないのは自分だけですか?

  さてさて、その「王女の男」開始後の一発目は、見事な庭園を見せていた「広寒楼(クァンハルル) 」の話題からいきたいと思います。
ただし、その庭園やら全てを含めた「広寒楼」は次の話題に持ち越しさせていただいて、今日のところは見事な風景を演出していた池に架かる長い石橋の話題にしたいと思います。

  ちょうど昨日は七月七日の七夕でしたから、話題としてはとってもタイムリーだと思うのですが…[わーい(嬉しい顔)]

SANY0009.JPG
knto_gwanghanroo.jpg

  王女たちが渡っていた長くて見事な石橋、名前を「烏鵲橋(オジャッキョ)」といいます、なんとまあ難しい漢字ですが、日本語では〝うじゃくきょう〟と読みます。
烏鵲(うじゃく)とは鳥のカササギ、韓国ではカラスの代わりにやたら目にする白と黒の鳥の名前です。
            画像 347.jpg
なんでこんなカラスの親戚の名前が付けられてるのか(?)と調べましたら、そこには意味があったんですよねえ、それが七夕(たなばた)に関わることなんです。
  古代中国に、カササギは〝七夕の夜に橋を作る〟という伝説があって、そこからこの橋の名前は由来しているようです。
自分が読んだものにはどこにもそんなことは書いてありませんでしたが、多分そうだと思います、という、いい加減無責任なおいらですが、多分正解だと思いますよ、なんたって韓国ってけっこう古代中国の伝説を取り入れています。
  そして何よりも、この庭園自体が天空を表現している庭園なんです、そして空にある川と言えば(?) んだ、「天の川」ですよねえ、そんでもって七夕の夜にカササギが橋を作れば、渡るのは彦星さんと織姫星さん、この織女と牽牛の伝説自体が古来中国のものなんですねえ。
ということで、カササギが作った橋という意味があるということになります。
  
橋.jpg

  回りくどく書きましたが、この「烏鵲橋」は天の川に架かる橋を表現しているものらしいのです、だけど天の川は年に一度しか渡れませんが、こちらの天の川に架かる「烏鵲橋」は、いつでも何度でも渡ることができます。
そして韓国では知らない人はいないといわれる、「春香伝」という愛の小説の舞台として有名な場所なんだそうです。
  そんなことから、文明が進んだこの現代でも、恋人達を結ぶ〝愛の橋〟として、それこそ愛を育む都市伝説のパワースポットとして語り継がれている橋でもあるんです。
恋人同士を結びつけるだけじゃない、夫婦和合、言い換えれば子宝も授かるというとっても有り難い橋だそうで、年に一度以上渡れば子供が授かるそうですよ、お年寄りのご夫婦なんかは一度渡るくらいにしとかなきゃ大変ですよねえ、80過ぎて子宝にめぐまれちゃったよーって(笑)
  一説には、処女でない女性が渡れば橋が崩れるなんて言い伝えもあったりするそうで、昨今の事情を考えたらとうにこの橋は崩れ去ってます[ちっ(怒った顔)]
でもこれは無いっしょ、それじゃ夫婦和合と噛み合わんだろうってことになっちゃいます[たらーっ(汗)]

  なんにしても、早い話が〝縁結び〟&〝子宝祈願〟というところ、過去の逸話から結びつける都市伝説のスポット、どこの国でもこういうのはおんなじみたいですね[わーい(嬉しい顔)]

SANY0011.JPG
DSC00487.jpg

  なんでもこの石橋は幅が2.4メートル、長さが57メートルもあるそうで、韓国の庭園に架けられた石橋としては最長の長さを誇っているそうです。
しかも、広寒楼などの建物は壬辰倭乱(イムジンワラン)で消失して1626年に復元されてますが、この「烏鵲橋」だけは最初の1419年当時のままの姿を残しているといいます。

  「王女の男」は韓国の伝統的な美しい姿を映像の中で随所に見せてくれるようです。
その最初ともいう美しい伝統庭園の姿、そしてそこに架かる石橋は、古い〝七夕伝説〟にまつわる韓国を代表する石橋だったのです。
そして昔も今も変わらない愛の願いが込められた橋でした。

  では今日のところは「七夕」の翌日ってことで、それにまつわる橋の話題にしましたが、次回は「広寒楼(クァンハルル)」苑自体を話題にしたいと思います。 



共通テーマ:旅行